ギャンブルの話

暴力団はまだパチンコ業界に関わっている!?移動販売式のうどん屋が知った裏話

【投稿者コラム】

自分はパチンコは全く解りません。しかし移動販売式のうどんやさんをぱちんこ客相手に、店長として回っていました担当箇所が4件。月の売り上げが概ね100万円程度といったところです。
暑い夏にうどんが売れないと思う人がいるかもしれませんが、がんがんにクーラーをパチンコ屋さんは冷やすので温かい特にお年寄りなどはうどんが好きで食べにやってきます。
車が到着すると、マイクパフォーマンスではありませんが、パンチコやさんのマイクを借りて〇〇堂よろしくお願いします。ってな感じでやるのですが、大きな音楽が流れるパチンコ屋さんに、声の小さい私の声は聞き取りずらくいつもパチンコ店主に指摘されてしまいました。

実は同僚もパチンコが好きで、よる閉店する9時から出ていき10時までつまりパチンコ屋さんが閉まるまでパチンコを楽しむそうです。
私はパチンコ自体全く興味がないので行かないのですが、翌日出社するとまけた話ばかりを聞くとなんのために働いているのか解らなくなります。ギャンブルが好きな人はそうなのかもしれません。

やや裏情報がこういう仕事をしていると色々入ってくるものです。
たとえば暴力団追放とは店には書いてはあるんです。しかし実際はそうではないと思います。
社長から聞いた話しですが、実は一見かたぎの人に見える人が毎日パチンコ屋さんに訪れる人がいます。
なんの仕事をしているのか?と思ったらレストランのオーナーらしいのですが、シャツからは入れ墨が見えていました。おおぴらにそういう用心棒じゃありませんが、そういうみかじめ料みたいなものを支払う事ができないので、あたり台を事前に知っているらしく大当たりをさせているという話を聞きました。
嘘がどうがは解りませんがそういう裏が少なからずパチンコ業界にはあるようです。

お店の番を外でしていると色々な人が居ます。中には強引につまみ出される人も見ました。私は店の外に車を止めているタイプの店なのですが目を合わせないようにしているのですが、見ない訳にもいかずその結果因縁ふっかけられたらいやだと思いつつ、なんか仕事を見つけて誤魔化すしかありませんでした。

よくいるのが作業服を着た人です。これは私が以前勤めていた会社にもいました。
実は夜勤明けでそのままパチンコ屋さんをして更にそのまま出勤をするという人です。私には到底考えられない事ですが、すでにここまでくるとギャンブル依存の可能性が高いように思います。
寝る時間すらギャンブルにいそしむというのはかなりのつわものだと思います。うちの同僚とそういう意味では一緒だなと思いながらその人の注文を受けていました。
しかし少し危ないのがぶつぶつ言っているのです。文章に書く事ができないような事を言っているのを聞こえるのですが、商品を渡すと普通の人に戻ります。
いい人なのか悪い人なのか?同僚に話すとそれは危ないだろといいつつ気をつけて接客するようになりました。

パチンコ屋さんを朝から見ていると色々な人がくる。うどん屋さんでの貴重な体験でした

リンク一覧