リアルカジノ情報

ナガ ワールド ホテル & エンターテイメント コンプレックスの事情|カンボジア・プノンペン

ナガ ワールド ホテル & エンターテイメント コンプレックスはカンボジアの首都であるプノンペンにあるカジノです。

あまりカジノと縁がなさそうなカンボジアですが、実はカジノが結構あります。
しかし首都プノンペンには一つしかありません。あるホテルが独占しているからです。
カンボジア駐在の方ならだれもが知っているナガ ワールドです。プノンペンにある外観もど派手なカジノホテルです。

今回はそんなナガ ワールド ホテル & エンターテイメント コンプレックスについて解説したいと思います。

ナガ ワールド ホテル & エンターテイメント コンプレックスの所在地

発展途上のプノンペンは、高層ビルも目立つようになりましたが、その横には昔ながらの商店・露店が並び、半裸の子供が遊びまわるようななんともカオスな世界です。
カンボジアのタクシー(トゥクトゥク)でホテル前につくと、ボーイさんが出迎えてくれます。カンボジアの伝統衣装を着ています。外からでも分かる超高級そうな感じ。


観光で向かう人が多いです。カンボジアはタイと比べるとトゥクトゥクが多い印象。まだまだ発展途上国の雰囲気はかなり強く感じます。

ナガ ワールド ホテル & エンターテイメント コンプレックスの雰囲気は?

中に入ると、カンボジアとは思えないきらびやかな世界が待っています。

入場規定・ドレスコードについて

が、ここはカンボジア。このカジノには服装規定や身分証確認はありません。

半袖半パンビーチサンダルでの入場も可能です。中にはパジャマのような格好でスロットを打っているご年配の方も。実際、ほぼすべてのお客さんはカジュアルな服装でゲームを楽しんでいます。初心者にとってはかなり入りやすいのではないでしょうか。

カジノ内の様子・実際に遊んでみました

テーブルゲームはほぼ満席といっていいほど大盛況で、ほぼ初心者の私には難易度が高かったためまずはスロットで遊びました。最低ベッドが0.25ドルからの台もあり、初めての方でも
気軽に遊ぶことができます。私は最初の予算を100ドルと決めていたので少しでも長く遊べるよう0.25ドルで始めました。スロットはどこの国でもみかけるようなものでした。

ただ、客層がほぼ中国人なので中華系のものが多かったように思います。
私が行った時も客は私以外は中国人でした。日本人は少ないのか私は韓国人に間違えられていました。

さっそくゲーム開始。特に大当たりもでず、ちっちゃい当たりがでる程度で(0.25ドルなので)
30ドル入れて残高がなくなったところで、他で遊ぶか、もう100ドル突っ込むか迷いました。
ビギナーズラックを信じて100ドル突っ込み、数回回したところで小ボーナスが!
初めての当たりらしい当たりでテンションがマックスになりましたが結果は50ドル勝ち。
素直に喜んでいいのか分かりませんでしたが、勝ちは勝ちということで調子にのって同じ台で遊び続けました。
結局、300ドル入れて+80ドルの勝ちでした。0.25ドルベッドにしてはよかったほうじゃないでしょうか。

本当はバカラをやりたかったのですが中国人のベテラン勢が多く、その中に入っていくことはできませんでした。初心者だったので最初はしり込みしましたが、無事スロットで遊び小金を持って帰ることができました。

ナガ ワールド ホテル & エンターテイメント コンプレックスの評価

ナガワールドは初心者にもやさしく入りやすく気軽に遊べるカジノです。
が、やはり人と行くほうが楽しいですね。勝っても一人で静かに喜ばないといけないですし。。何より寂しいです。そしてある程度テーブル経験者と行くのがいいと思いました。

ちなみにバカラの最低ベッドは10ドルからだそう。まとまったお金を持ってまた遊びに行きたいです。
旅のついでに気軽に楽しめる観光スポットです。カンボジアを旅する際はぜひ一度足を運んでみてほしいです。